カラテキッド
Mr.T and Mr.C make the nice dream
RSSフィード

↓チェックすると更新情報が届きます

プロフィール

Mr.TandMr.C

Author:Mr.TandMr.C
Mr.TとMr.Cが共同運営しています。
映画、音楽、本、酒について詳しく語ります。
基本的にネタバレとか一切しません。

最近の記事

ランキング

あれっ?今って何位なんだっけか??

FC2blogランキング


人気blogランキングへ
blogランキングバナー


ブログランキング
ランキングバナー2

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

三日月のしっぽ。
movieholic girl

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バック・トゥ・ザ・フューチャー


この作品を観て映画が好きになり観はじめたという記念すべき作品です。
平凡な少年がタイムマシンに乗って過去や未来に行く、と言うお話です。
この映画のすばらしい点は1,2,3に通じて無数の複線が張り巡らされているところ、
それぞれの時代の特徴を上手く言い表しているところ、
そして全編通じてわくわくどきどきさせられるところです。
それぞれのキャラクターも確立されたわかりやすくコミカルに楽しいキャラクターとなっています。

難しく考えたくない、疲れている、気分が暗い、こんな気分の時には
この映画は特効薬です。
こう言うと、単純明快な作品という印象となりそうですが、必ずしもそうではありません。
もちろん、表面は単純明快なのですが。。。

普通タイムマシンが登場する作品は話の筋がどうしてもおかしくなります。
(過去でこんなことしたら現在がめちゃくちゃになってしまうし下手したら現在がなくなっちゃうんじゃ…とか、
未来から技術を持ち込まれたから未来でその技術が開発されるって卵が先か鶏が先かみたいだな…とか)
この作品でも多少の突っ込みどころはもちろんありますが、
大体が上手くストーリー展開されています。細かいところまで設定されています。
ここが、ただの娯楽大作と違い何度観ても楽しむことができる点です。

主演はマイケル・J・フォックス(摩天楼はバラ色に)、クリストファー・ロイド(アダムスファミリー)です。
監督にロバート・ゼメキス、製作総指揮にはスティーブン・スピルバーグです。

音楽もまた良い選曲です。
ヒューイ・ルイス・アンド・ザ・ニュースのPower Of Loveは1では全編に使用されている曲で、
主人公のマーティ・マクフライが演奏している曲です。
更に、チャック・ベリーのJonny B. goodeなどもマーティ・マクフライの演奏、歌が聴けるのです。
もちろん、現在と過去での音楽の選曲にも注目です。

今となってはちょっと古い作品(85年)となってしまいましたが、
今見ても古さを感じさせない面白さです。もしもまだ観た事のない人がいれば必見ですよ。

FC2blogランキング

 
人気blogランキング
blogランキングバナー

 
ブログランキング
ランキングバナー2

スポンサーサイト

テーマ:元気になった映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
TBさせていただきました。
Mr. Tさん、こんばんは。

先日は私のブログに訪問下さいましてありがとうございました。
映画のお話、早速拝見させていただきました。
私もこのバック・トゥ・ザ・フューチャー大好きです。
このシリーズは今観てもワク♪o(^0^o)(o^0^)oワク♪します。

同記事を書いておりますのでTBさせていただきました。

【2006/03/02 20:48】 URL | きく #0ho3/X9Y [ 編集]

こんばんわ
きくさんのバック・トゥ・ザ・フューチャーについて
拝見させていただきました。
本当に良い映画ですよね~

ロバート・ゼメキス&スティーブン・スピルバーグのタッグに期待です!

今後ともよろしくお願いします。
【2006/03/03 00:29】 URL | Mr. T #Kd66AeRg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tandc.blog50.fc2.com/tb.php/7-3104fb5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バック・トゥ・ザ・フューチャー

この作品を観て映画が好きになり観はじめたという記念すべき作品です。平凡な少年がタイムマシンに乗って過去や未来に行く、と言うお話です。この映画のすばらしい点は1,2,3に通じて こんなの観ました。【2006/03/02 20:42】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。